PROFILE
SELECTED ENTRIES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

Vista対応漢字ブログ

今までJUGEMを中心に書いてきたブログの中で、Vistaに対応させて書いたほうがよりよいと思うものを転載すると共に、JIS第3・第4水準漢字に関して新たな記事を書く。
このブログは、Vista対応パソコンをお持ちの方を対象とするので、他のパソコンをお持ちの方は、私の他のブログを見ていただければ幸いである。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | - |
【474】「嬲」の字源
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

をクリックして応援お願いします。

四国2位(最高1位)・愛媛県2位。多くの応援を感謝します。1位・3位〜9位・11位・14位・15位も私のブログです。初の12位以上独占は、崩れましたが、9位以上を独占しています。ご訪問・応援感謝します。



FC2 Blog Ranking 3位(最高1位)です。

のランキングも応援いただければ、幸いです。

4位の女と男の漢字ブログFC2も私のブログです。



 40位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング



6位の名前漢字と名付けお助けブログも私のブログです。





15位(最高7位)/798サイトです。

12位の四字熟語っぽい四字熟語と漢字のブログ、14位の名前漢字と名付けお助けブログ、21位の四字熟語っぽくない四字熟語のブログも私のブログです。



にほんブログ村 教育ブログへ

100位(最高7位)です。↑のランキングも応援お願いします。





 「男二人が女一人」を相手にしている形で、「なぶる」意をあらわしたものか。



 「嫐」も同様な意味の字とする辞典もあるが、こちらは、「女二人が男一人」を「なぶる」意なのか。



 ただ、こちらには、「なやむ・なやましい」などの意もあり、異体字というわけではない。



 こちらの字には、「娚」という俗字があるが、日本では「めおと」の意に使い、「嫐」と「娚」も異体字というわけではない。



 そういうわけであるので、なぶる側・なぶられる側の性別に関係なく、「嬲」を「なぶる」意に使うのが、適切であろうかと思う。








 今後とも、「字源」でGoogle2位/344,000件、「漢和辞典」で、Google4位/464,000件の「漢字・字源・漢和辞典のブログ」を応援いただきたい。





 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。





 40位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング







15位(最高7位)/798サイトです。



感謝人気ブログランキング【ブログの殿堂】都道府県別ランキング愛媛県2位まで復帰

引き続き、↑をクリックして応援お願いします。

と言っても1位〜9位まで、すべて私のブログです。






 最高7位ですが、下位に落ちています。クリックして、応援をお願いします(一時7位復活しましたが、またランクを落としています。)

にほんブログ村 教育ブログへ

 何かクリックが受け付けられてないことが多いように思います。







9位です。4位名前漢字と名付けお助けブログも私のブログです。



 ランキング、特に支持をいただきたいものを、クリックしていただきやすいだろうところにおいてみました。





 過去、3つのランキングで1位になりました。クリックしていただいた皆さんに感謝します。





 10月は9,132アクセス、11月は9,778アクセスと、10,000アクセスを割っていましたが、12月は11,360アクセス、1月はさらに13,610アクセスと増えました。2月は11,251アクセス、3月は11,186アクセスと減りましたが、書き込みが減ったことを考えれば、1日平均360アクセス以上になるこの数字は、十分満足の行くものです。4月は、12,338アクセスで、1日平均410アクセスと1月に次ぐアクセス数になり、5月は、14,123アクセスで、1日平均450アクセスと、1月の数値を超えました。6月は、11,161アクセスと、1日平均372アクセスに減りましたが、今まで2番目に少ない記事しか投稿できなかったので、致し方ないと思っています。ご訪問を感謝します。7月は、12,304アクセスと平均的なアクセス数でしたが8月は、2回も1日6,000アクセスを超える日が、あったことから、30,405アクセスと、私のブログで、始めて、月30,000アクセスを超え、9月も、21日に30,000アクセスを超え、最終的に、38,918アクセスになりました。10月は、最終的に30,549アクセスと8月並でした。11月は、34,873アクセス、12月は、36,639アクセスと徐々に増えています。1月は、12日現在、15,702アクセスです。
| 字源説女部 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
【435】「女偏に息」の字源
ブログランキング1位(最高1位)です。3位・4位・5位・6位・10位・11位も私のブログです。あわせて応援をお願いします。



8位(最高1位)です(5位・10位・11位・12位も私のブログです。)。クリックして応援してください。

ホームページランキング

感謝5月9日に、このブログで、初めての1,000ポイント達成



 27位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング





58位(最高23位)です。





 「女偏に息」であるが、「息」は「いき」ではなく、「子息」と言うときの意味で、「むすこ」のこと。



 「息子の女」で、「息子の妻」である「よめ」をあらわす。



 日本語では、「嫁」を当てますが、これは「よめにいく・とつぐ」意であり、「嫁」を「よめ」の意に使うのは、日本語独自の用法。






 今後とも、Google認定「字源ブログ」「漢和辞典ブログ」最高峰「漢字・字源・漢和辞典のブログ」を応援いただきたい。





 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。





  8位(最高1位)に上がりましたが、(1位復活は、ちょっと夢でもでなければ無理という差です。)。クリックして応援してください。

ホームページランキング





 27位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング







ブログランキング1位(最高1位)です。このブログとしては、このランキング初めての1位になりました。今度とも、応援をお願いしたいと思います。





 最高7位ですが、下位に落ちています。クリックして、応援をお願いします(一時7位復活しましたが、またランクを落としています。)

にほんブログ村 教育ブログへ

 何かクリックが受け付けられてないことが多いように思います。









 ランキング、特に支持をいただきたいものを、クリックしていただきやすいだろうところにおいてみました。





 過去、二つのランキングで1位になりました。クリックしていただいた皆さんに感謝します。





 10月は9,132アクセス、11月は9,778アクセスと、10,000アクセスを割っていましたが、12月は11,360アクセス、1月はさらに13,610アクセスと増えました。2月は11,251アクセス、3月は11,186アクセスと減りましたが、書き込みが減ったことを考えれば、1日平均360アクセス以上になるこの数字は、十分満足の行くものです。4月は、12,338アクセスで、1日平均410アクセスと1月に次ぐアクセス数になり、5月は、14,123アクセスで、1日平均450アクセスと、1月の数値を超えました。6月は、11,161アクセスと、1日平均372アクセスに減りましたが、今まで2番目に少ない記事しか投稿できなかったので、致し方ないと思っています。ご訪問を感謝します。7月は、12,304アクセスと平均的なアクセス数でしたが8月は、2回も1日6,000アクセスを超える日が、あったことから、30,405アクセスと、私のブログで、始めて、月30,000アクセスを超えました。
| 字源説女部 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
【434】「女偏に負」の字源
ブログランキング2位(瞬間最高1位)です。3位・4位・5位・8位・10位も私のブログです。あわせて応援をお願いします。



8位(最高1位)です(5位・10位・11位・12位も私のブログです。)。クリックして応援してください。

ホームページランキング

感謝5月9日に、このブログで、初めての1,000ポイント達成



 32位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング





58位(最高23位)です。





 「女偏に負ける」だから、結婚できない女、結婚に失敗した女、負け犬のことだろうと言っては、失礼である。



 「負」は、意味をあらわしているのではなく、「音」をあらわし、同音の「婦」と同義の字なのである。



 「婦」自体、掃除などの家事を行う女の意ではなく、「神殿」など神の領域を掃除する、位の高い女性をあらわす文字であったとする説もあるぐらいです。



 そうであれば、負け犬どころか、勝組の筆頭格になりますね。






 今後とも、Google認定「字源ブログ」「漢和辞典ブログ」最高峰「漢字・字源・漢和辞典のブログ」を応援いただきたい。





 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。





  8位(最高1位)に上がりましたが、(1位復活は、ちょっと夢でもでなければ無理という差です。)。クリックして応援してください。

ホームページランキング





 32位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング







ブログランキング2位(瞬間最高1位)です。瞬間ですが、このブログとしては、このランキング初めての1位になりました。今度は、瞬間ではない1位を目指したいと思います。





 最高7位ですが、下位に落ちています。クリックして、応援をお願いします(一時7位復活しましたが、またランクを落としています。)

にほんブログ村 教育ブログへ

 何かクリックが受け付けられてないことが多いように思います。









 ランキング、特に支持をいただきたいものを、クリックしていただきやすいだろうところにおいてみました。





 過去、二つのランキングで1位になりました。クリックしていただいた皆さんに感謝します。





 10月は9,132アクセス、11月は9,778アクセスと、10,000アクセスを割っていましたが、12月は11,360アクセス、1月はさらに13,610アクセスと増えました。2月は11,251アクセス、3月は11,186アクセスと減りましたが、書き込みが減ったことを考えれば、1日平均360アクセス以上になるこの数字は、十分満足の行くものです。4月は、12,338アクセスで、1日平均410アクセスと1月に次ぐアクセス数になり、5月は、14,123アクセスで、1日平均450アクセスと、1月の数値を超えました。6月は、11,161アクセスと、1日平均372アクセスに減りましたが、今まで2番目に少ない記事しか投稿できなかったので、致し方ないと思っています。ご訪問を感謝します。7月は、12,304アクセスと平均的なアクセス数でしたが8月は、2回も1日6,000アクセスを超える日が、あったことから、30,405アクセスと、私のブログで、始めて、月30,000アクセスを超えました。
| 字源説女部 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
【414】「嬶」の字源-2
  6位(最高1位)です(2位も私のブログです。)。クリックして応援してください。

ホームページランキング

感謝5月9日に、このブログで、初めての1,000ポイント達成



 32位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング



ブログランキング4位(最高4位)です。





30位(最高23位)です。





 この字について、コメントがあったので追記しておく。



 「齃(鼻偏に褐の旁の旧字体)」・「安に頁」には、「はなくき」の意がある。



 「はなくき」とは、鼻中隔のことであり、別の言い方をすれば、「鼻柱(はなばしら)」のことである。



 それだからと言って、「はなばしら」の強い女の意で、「嬶」の意に転用されたとも思わない。



 「嚊」といずれが先に使われだしたのか、手元に資料が無いが、この字との関係は考えられるが、「はなくき」の意の字とは、関連が考えにくい。



 だからといって、「鼻柱の強い女」で、「女偏に鼻」というような字源解釈を認めるわけには行かないということである。



 それにしても、漢和辞典の編者の家庭は、嬶殿下が多いと見えて、国語辞典に比べ、「かかあ」の解説に憎しみが感じられこそすれ、親しみが感じられるものが無いように思う。



 時代物で、「おまえんとこのかかあ元気か」というシーンがあれば、国語辞典の解説のように「親しみ」をこめているのであって、さげすんだり辱めたりしていないはずだが、どうだろうか。






 今後とも、Google認定「字源ブログ」「漢和辞典ブログ」最高峰「漢字・字源・漢和辞典のブログ」を応援いただきたい。





 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。





  6位(最高1位)に落ちました。(1位復活は、ちょっと夢でもでなければ無理という差です。)。クリックして応援してください。

ホームページランキング

(現在このランキングの2位・8位・12位・19位・26位・31位・34位・35位・44位も私のブログですが、5位以上完全制覇は、昔日の感があります。)







 32位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング

(12位・29位・51位・76位・86位も私のブログです。)





 クリックして応援してください。

人気ブログランキング>人気ブログランキング





 こちらのランキングをクリックしていただいたのでもありがたく存じます。

ブログ王ランキング





 最高7位ですが、下位に落ちています。クリックして、応援をお願いします(一時7位復活しましたが、またランクを落としています。)

にほんブログ村 教育ブログへ

 何かクリックが受け付けられてないことが多いように思います。









 ランキング、特に支持をいただきたいものを、クリックしていただきやすいだろうところにおいてみました。





 過去、二つのランキングで1位になりました。クリックしていただいた皆さんに感謝します。





 10月は9,132アクセス、11月は9,778アクセスと、10,000アクセスを割っていましたが、12月は11,360アクセス、1月はさらに13,610アクセスと増えました。2月は11,251アクセス、3月は11,186アクセスと減りましたが、書き込みが減ったことを考えれば、1日平均360アクセス以上になるこの数字は、十分満足の行くものです。4月は、12,338アクセスで、1日平均410アクセスと1月に次ぐアクセス数になり、5月は、14,123アクセスで、1日平均450アクセスと、1月の数値を超えました。ご訪問を感謝します。

 
| 字源説女部 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
【413】「嬶」の字源
  6位(最高1位)です(2位も私のブログです。)。クリックして応援してください。

ホームページランキング

感謝5月9日に、このブログで、初めての1,000ポイント達成



 32位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング



ブログランキング4位(最高4位)です。





30位(最高23位)です。





 だれですか、「鼻息の荒い女」だから、「女偏に鼻」で、「かかあ」なんていう字源俗解をはじめた漢和辞典の編者は。



 この字は、古辞書に「齃(鼻偏に褐の旁の旧字体)」と同じと出ており、「かかあ」の意で作られた国字でない事がわかる。



 上の字の異体字に「安に頁」がある。「安に頁」は、辞書によっては、「女偏に頁」と出ていることもあることから、この字の変化したものもしくは、上の字との省画合字とも考えられる。






 今後とも、Google認定「字源ブログ」「漢和辞典ブログ」最高峰「漢字・字源・漢和辞典のブログ」を応援いただきたい。





 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。





  6位(最高1位)に落ちました。(1位復活は、ちょっと夢でもでなければ無理という差です。)。クリックして応援してください。

ホームページランキング

(現在このランキングの2位・8位・12位・19位・26位・31位・34位・35位・44位も私のブログですが、5位以上完全制覇は、昔日の感があります。)







 32位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング

(12位・29位・51位・76位・86位も私のブログです。)





 クリックして応援してください。

人気ブログランキング>人気ブログランキング





 こちらのランキングをクリックしていただいたのでもありがたく存じます。

ブログ王ランキング





 最高7位ですが、下位に落ちています。クリックして、応援をお願いします(一時7位復活しましたが、またランクを落としています。)

にほんブログ村 教育ブログへ

 何かクリックが受け付けられてないことが多いように思います。









 ランキング、特に支持をいただきたいものを、クリックしていただきやすいだろうところにおいてみました。





 過去、二つのランキングで1位になりました。クリックしていただいた皆さんに感謝します。





 10月は9,132アクセス、11月は9,778アクセスと、10,000アクセスを割っていましたが、12月は11,360アクセス、1月はさらに13,610アクセスと増えました。2月は11,251アクセス、3月は11,186アクセスと減りましたが、書き込みが減ったことを考えれば、1日平均360アクセス以上になるこの数字は、十分満足の行くものです。4月は、12,338アクセスで、1日平均410アクセスと1月に次ぐアクセス数になりました。ご訪問を感謝します。

 
| 字源説女部 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
【309】「女偏に花」の字源
 「伊達(だて)」の意の国字。



 女性のように華やかな服装をし、派手な言動をする伊達者のことや言動を「女+花(はなやか・はながある)」で表した。






 24位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング

(18位・21位・42位も私のブログです。)





 38位(最高7位)争いをしていますが、接戦です。クリックして、応援をお願いします(一時7位復活しましたが、またランクを落としています。)

にほんブログ村 教育ブログへ





 こちらのランキングをクリックしていただいたのでもありがたく存じます。

ブログ王ランキング





 2位(最高1位)になりました。引き続き、クリックして応援してください。

人気ブログランキング>人気ブログランキング

(現在このランキングの3位・4位・5位・6位・9位も私のブログです。5位以上完全制覇は、崩れました。)





 6位(最高1位)になりました。(1位復活は、ちょっと夢でもでなければ無理という差になってしまいました。)。クリックして応援してください。

ホームページランキング

(現在このランキングの5位・14位・24位・30位も私のブログで、5位以上完全制覇は、昔日の感があります。1位の方は、一番上のランキングでも1位の強敵です。)







 ランキング、特に下の二つへの支持の多さは、わがことながら驚きの一語に尽きます。



 クリックしていただいた皆さんに感謝します。





 ランキングを見ていただいている方、ランキングへのリンクの貼り付け方によって、どのブログが上位に来るかが変わり、興味深いものがあります。

   
| 字源説女部 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
【304】「女偏に君」の字源
 一夫多妻制の時代に先に娶った妻、前妻・正妻をあらわす「こなみ」の意の国字。



 『新漢語林』など大修漢の漢和辞典が、「君」にカタカナの「コ」と「ナ」があり、訓の「きみ」の「み」をあわせて、「こなみ」を説明しようとするのは、あまりに作りこみすぎの感がある。



 正妻として、一族の女性の中心で君主のようにまとめる意で「女偏に君」としたという方が合理的ではないだろうか。






 25位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング

(17位・24位・70位も私のブログです。)





 58位(最高7位)争いをしていますが、接戦です。クリックして、応援をお願いします(一時7位復活しましたが、またランクを落としています。)

にほんブログ村 教育ブログへ





 こちらのランキングをクリックしていただいたのでもありがたく存じます。

ブログ王ランキング





 2位(最高1位)になりました。引き続き、クリックして応援してください。

人気ブログランキング>人気ブログランキング

(現在このランキングの3位・4位・7位・8位・10位も私のブログです。5位以上完全制覇は、崩れました。)





 6位(最高1位)になりました。(1位復活は、ちょっと夢でもでなければ無理という差になってしまいました。)。クリックして応援してください。

ホームページランキング

(現在このランキングの7位・15位・33位・39位も私のブログで、5位以上完全制覇は、昔日の感があります。1位の方は、一番上のランキングでも1位の強敵です。)







 ランキング、特に下の二つへの支持の多さは、わがことながら驚きの一語に尽きます。



 クリックしていただいた皆さんに感謝します。





 ランキングを見ていただいている方、ランキングへのリンクの貼り付け方によって、どのブログが上位に来るかが変わり、興味深いものがあります。

  
| 字源説女部 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
【18】「好」の字源
 元々、女性が子供を抱き慈しむ姿を書いた象形文字。



 その後、漢字の主な作り手であり、使い手であった男性から見て、慈しみ好む対象は、女子供であるということから、字源俗解を経て、「女偏に子」の会意文字であると解され、一般的に「好む」という意味に転じた。



 以上は、象形で説明がつく文字の字源は、象形で考えるという某氏の説であり、定説とは異なるので了承いただきたい。



 今後とも同氏の説を取り上げることがあるが、そう断らないこともあるので、気をつけていただきたい。






 人気ブログランキングに参加しました。下のリンクをクリックして応援してください。



人気blogランキング



 次のランキングも参加しました。クリックして、応援をお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
| 字源説女部 | comments(1) | trackbacks(0) | - |